Now Loading...

人が幸せになるために

三隅町 製造・食品・農業

ケーピー株式会社

高いクオリティを維持する製品作り。そのために全力でサポート

「価値のある企業をつくる」
○変わり続ける
○使いやすい部品を供給する
○人を幸せにする
を基本理念に掲げるケーピー株式会社。自動車などに使われる金属環を安定した品質で供給する中で、より良い作業環境を作り、さらには「人を幸せにする」ためには会社としてどうあるべきかを日々考える。そんな社長の思いと行動が、会社の根底にある。

ケーピー株式会社は主に金属環やバネ、樹脂製品を製造する会社。製造した製品は一旦、同じ浜田市の親会社のキーパー株式会社で加工され、その製品の70%が自動車部品、8%が鉄道車両に、その他、産業用機械や工業用ロボットなどに使用されている。品質の安定化に必要なのは社員の適切なオペレーション力。そのための集中力と持久力が求められている。そんな社員を支えるため、企業としての取り組みも積極的だ。

お話をお聞きした人/代表取締役 三澤 太さん

一人一人のモチベーションのために、企業ができることとは

金属環、バネや樹脂製品を製造・加工をするケーピー株式会社。安定した受注によって年々業績を伸ばしている。これらの製品は同じ三隅町にある親会社のキーパー株式会社に納品され、それが加工されて自動車、鉄道、産業機械のパーツとなる。そこで大切なのは、安定した品質と量産体制だ。それぞれの製造ラインは一人一人が細心の注意を払ってオペーレーションしていく。不具合はないか、処理は間違っていないかと、注意力と意識の高さが重要だ。社長の三澤さんはそんな社員のために、モチベーションの向上と環境改善に努めている。その一つが社員一人一人と現在の職場の環境や悩みを聞くなど対話の時間を設けること。また誕生日やクリスマスなどには社員にケーキを手渡し、年に一度は社内でBBQ大会を開くなどして、社員同士のコミュニケーションと士気を高めている。それは「仕事は人を幸せにするもの」という三澤社長の思いによるもの。こうした取り組みによってここ10年以上は離職率が減り、人間関係も良好になったという。「社内環境を良くして社員を幸せにし、キーパー株式会社をバックアップし、お客様に貢献するのが当社の役割」と三澤社長は言葉を強くした。

機械や乗り物が好き。そして社会に貢献したい人なら

工場設立(2006年)以来、ずっと週休二日制を維持。年3回(正月、GW、夏季)は8日間の長期休暇。そして定年65歳を掲げている。求める人材は同社の基本理念に共感する人。そして仕事を通して社会貢献をしたいと考える人。機械や、製品となる車や新幹線などの乗り物が好きな人。さらには何をしても明るく捉えて、積極性のある人が望ましい。

WORKER'S INTERVIEW

佐々江章人さん

ケーピー株式会社

浜田市三隅町三隅250

http://kpco-hamada.jp
[COMPANY DATA]
  • 創業年
    1975年10月
  • 資本金
    17,000万円
  • 代表者
    代表取締役 三澤 太
  • 従業員数
    男性:49名 / 女性:5名
  • サービス内容
    輸送用機械機器製造業、オイルシール、軸受等関連部品の製造(金属プレス加工、金属表面処理加工、バネ加工、樹脂成形加工)