Now Loading...

IPHでインフラに安心安全を。

旭町 建設・設備・ 設計

株式会社 岡貞組

土木工事とコンクリート構造物の補強を強みに、広く事業を展開

道路、河川の整備など土木工事とコンクリート構造物の補修・補強工事を通して、地域社会の未来を作る岡貞組。
中でも近年、国を挙げて力を入れているのがコンクリート構造物の補強工事だ。岡貞組は先進の工法で新規ビジネスを展開中。ゆくゆくはその技術者をさらに育成し、中国地方全域にも施工店を広げ、さらに躍進していく。

土木工事、コンクリート構造物の補修・補強(IPH工法)、砂場清掃、除草・除雪が主な事業内容。創業以来「地域社会及び社員との共生」を経営理念とする株式会社岡貞組は、総合建設業として地域社会への貢献に努めている。近年、土木工事は減少傾向にあるが、新規事業としてコンクリート構造物の劣化、損傷を補修するためのIPH工法(内圧充填接合補強工法)の展開に力を入れている。

お話をお聞きした人/取締役部長 岡本貞二さん

土木事業とIPH工法の両翼をバランスよく取り組む

土木事業を継続しつつ、新規事業のIPH工法事業を展開し、両事業のバランスの取れた企業になるべく事業を展開する岡貞組。
このIPH工法とは、劣化・損傷が進んだコンクリート構造物の内部に、低粘度の樹脂を低圧で高密度に注入して補修・補強する工法。主には橋梁やトンネル、ダム、湾岸施設といったインフラに関わる構造物が多いため、市民の安全を守る事業でもある。岡貞組はこのIPH工法の日本トップレベルの技術者を有する強みを持ち、島根県下のみならず中国地方にもIPH工法施工店のネットワークを広げて一大勢力となることを目指しているという。
現在岡貞組は10代から60代まで幅広い年齢層の技術者が在籍しており、ベテランは若手から大いに刺激を受け、若手はベテランから技術や技法などの多くのことを学ぶ姿勢を持ち、バランスよく、それでいて和気藹々とした社風。地域社会の未来に向け、インフラの整備、長寿命化を推進し、社員の新技術習得と技術レベルの向上に取り組み、社員のさらなる処遇改善にも取り組んでいる。

お話をお聞きした人/営業部長 石本信幸さん

インフラ整備に対し、関心と意欲がある人を歓迎

土木事業部門では土木施工管理技術者(1級土木施工管理技士、2級土木施工管理技士)、重機オペレーター(有資格者、経験者)を歓迎。IPH工法事業では新卒、未経験者歓迎。新技術・技術力向上に意欲がある人を求める。土木、IPH工法のどちらの事業も地域社会インフラ整備に関心があり、劣化・損傷のあるコンクリート構造物に対して問題意識を持っている人。また土木事業に対して探究心や意欲を持つ若い人を望む。

WORKER'S INTERVIEW

永田 涼さん

株式会社 岡貞組

島根県浜田市旭町今市412-2

0855-45-1155

http://www.okasada.com
[COMPANY DATA]
  • 創業年
    昭和33年7月10日
  • 資本金
    4,500万円
  • 代表者
    代表取締役 岡本貞人
  • 従業員数
    男性:14名 / 女性:1名
  • サービス内容
    総合建設業