Now Loading...

島根県 浜田市浜田市 有限会社くまハウス

働く人インタビュー

福島仁志 さん

年齢/42歳
出身/江津市 在住/江津市
入社年度/平成27年度

入社の経緯:
ハウスクリーニングの仕事を希望し、募集があったので応募をした

元々、休日には車を洗うことが好きだった福島さん。車内はもとよりボディにも磨きをかけてさっぱり拭き取ると、気分も爽快になった。そんな爽快感もあってハウスクリーニング業に関心を持ち、くまハウスに入社をした。

前職では工場勤務をしていた福島さんが、「きれいになることが楽しい」と、くまハウスで働き始めて今年で5年になる。技術、仕事の流れ、経験値。そういったものが仕事に反映され一人前になるのに2〜3年かかるというこの仕事。限られた時間でいかに効率よく、いかに成果を上げるかが腕の見せ所だ。

福島さんを始めスタッフは全員ハウスクリーニングの技術は体得しているが、どの現場も1人で行うことはなく必ず2人以上のチームで仕事を進める。一般的なアパートの空き部屋や水廻りなどのクリーニングは主に2人1組。水廻りとその他とで仕事を分担している。「落ちが悪いとき、手が足りないとき、アドバイスが欲しいときの相棒の存在は頼もしいですね」と福島さん。得意としているのはバスルームのクリーニング。水垢、石鹸、カビなど汚れの種類が多く、それだけに落とし方にも工夫が必要。またバスルームが清潔感あるれる空間に戻ると達成感も大きいからだという。「依頼してくださった方から喜びの声をいただいたとき、再依頼をいただいたときはやはり嬉しいですね。『福島さんにお願いしたい』と指名をいただいた時も、この仕事をしていてよかったなと思います」。今まで最も難しかったクリーニングはガソリンスタンドのトイレ。タイル汚れ、油汚れ、アンモニアなど汚れの層が複雑で、その時も仲間と相談しながらきれいにできたそう。「プレッシャーを感じることもありますが、きれいになり、お客様に喜んでいただけることが何よりのモチベーションです」と話していた。

Lifework

温泉やカフェで、まったりとリフレッシュ

江津市出身で、現在独身。江津市の実家に暮らしている。休日は洋服などの買い物に出かけたり、ネットカフェでまったりとしたり、誘ってもらえれば友人と魚釣りに出かけたりと、のんびり過ごすことが多い。「浜田の好きな場所は海岸と旭温泉」と福島さん。月に一度は車を走らせて、旭温泉日帰り湯でリフレッシュしているそう。ちなみにお気に入りの温泉は『かくれの里ゆかり』。休日には時折、愛車を洗車することも。ドロドロになってしまった車も、持ち前の技術でピカピカにすると「やはり心が弾みますね」と笑う。

平日

6:00 起床・準備
7:00 通勤
8:00 仕事開始
13:00 昼休憩
18:00 仕事終了
19:00 自由時間
20:00 夕食
21:00 就寝

休日

8:00 起床・朝食
9:00 自宅でゆっくり過ごす
12:00 買い物や温泉
17:00 洗車など
20:00 夕食
0:00 就寝

[COMPANY DATA]
  • 創業年
    平成11年7月1日
  • 資本金
    1,000万円
  • 代表者
    代表取締役 熊谷悦子
  • 従業員数
    男性:4名 / 女性:4名
  • サービス内容
    ハウスクリーニング